読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必ずしもそうである必要はない

雑記

思い描くことが存在してるとしても評価は一定ではない。
一つのものとして作られてから変化はない。皆が気づき視点を変えるからこそ意味を知ることができる。


比較など無粋なことである。
鍵作品に上下はない。そこには愛が存在してるから。
そして想いを込められた作品に境界線はほとんどない。