読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『けいおん!』のアニメと原作の楽しみ方

アニメ コミック

唯のアホの子ぶりは過剰演出

な気がします。



原作でも顔を崩していくのは良かったですがアニメで再現すると、ある意味過剰な演出を感じる。声がつくからなおさら(笑) 確かに京アニ補正で唯が可愛く感じますが原作ではそこまでアホの子っぽく感じません。どちらかというと、作品自体素朴な感じがしますね。


・・・・・・でも原作もアホっぽいと言えばアホっぽい?www



実は、『けいおん!』のアニメ化は原作読者に期待されていなかった (from Angel Heart Club)

そうだったんですね・・・・・・

要するに、人気があるか定かでない『けいおん!』を京都アニメーションでアニメ化するほどか疑問、ということ。少なくとも好意的に受け取っているレスは少なく、原作スレらしく冷静な意見が多かったのです。

らき☆すたはどうだったかは分かりませんが、シャフトのひだまりスケッチのようなマイナー作品の4コマを上手く使って自社の影響度を確かめたかったのではと思っていたりします。まあハルヒらき☆すたみたいにアニオタの心をつかむ技法は理解してるようでしたので難儀ではなかったのでしょう。
もう一つ考えられるのなら、Key作品のようなファンタジー感動作品ばかりでは飽きてしまうので羽伸ばしに4コマ漫画&マイナージャンル(音楽)をやるのも悪くないと考えてるかもしれません。


これは私も想像したけど、原作コミックの方は予想通りアニメ化が決定してから急に売れ出したようです。ただ、アニメを見た人が、原作コミックを楽しめたかどうかは判りません。

京アニブランドなのだからでしょう(苦笑) 実際私も1話みてからすぐに原作買いましたから。
個人的な意見を言うなら原作は楽しめました。逆を言えば今買って読まなければ楽しません!


アニメでこういう雰囲気の作品と理解する
       ↓
原作買って1・2巻を楽しむ
       ↓
アニメではどう演出してオリジナルをどう混ぜるんだろう?



これが私流の楽しみ方です。ただ単に原作とアニメを比べるのではなく、両方ともそれぞれ良いところだけを楽しみ、批判することなく見入っていくのが満足できる方法なのだと思っているのです。否定してなにが楽しいでしょう?せっかくだからメディア化を楽しみましょう。