読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天上世界は天使を選ぶために

*1

世界という側面から考えた考察メモみたいな記事です。(苦笑)


My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】

Angel Beats!の世界について

今まで様々な考察・記事を見てヒントとして考えついたのが以下の考察です。

天上世界は天使選出のためのものだと思われます。直井くんが神を選ぶためだと言っていますがそれをヒントにすれば天使という管理存在を決めるための世界が妥当でしょう。自我が目覚めた生徒たちが作った団体がSSS死んでたまるか戦線ですよね。彼らは自分が考え付き集まったと思ってるようですが既にそこから計画に組み込まれてると思います。


これは個人的な考えなのですがだーまえは過去作からヒントを得てAB!を作った・・・。いくらブレストしたからと言って今までの作品作りの癖は抜けきれないと予想します。古参の鍵っ子なら選出と聞いてとある作品を思い出しませんか?Moon.です。*2
知らない人のためネタばれしないように書きますが、****によって主人公・彼女ら3人は分けられたはずです。訓練により乗り越えるところはAB!の生き方・思い出し方と被るようにも感じます。

郁未は親の仇を討つため組織に潜り込む ゆりは理不尽な人生を神のせいにし復讐する

起点が復讐で似ています。物語が進むごとにその目的は形骸化し、取る手段が最終的に世界に取り込まれる(即ち敵対する者の目的達成)。


二重構造・メタ構造

今までのKeyの作品は奇跡という事象を起こすため多世界理論に基づいた世界観が多かったです。
Kanonは夢の奇跡を用いただ一つの椅子のために*3AIRは過去の呪いを多数の愛へと返す。*4 CLANNADは町一人一人思いが幻想世界の奇跡へと。リトルバスターズ!は友情=愛情が世界を作り出し奇跡のヒントを。 まあこんな感じで常に世界の裏側に寄り添った世界が存在し奇跡を作り出すというのが今までの世界観でした。


どうしてそういう世界ができたのか、それがはっきりしていませんでしたが今作AB!はその問題を使ってるかもしれません。


    天上世界・生前の現実世界。実は2つとも作られた存在。
           と、考えれば全てのつじつまが合う気がする……(笑)


まあ…そんな深く考えなくても他の方が考察してた『奏のためだけの世界』が一番合ってるのかもしれませんね。

*1:天上世界というのはあの学園の名が天上学園のため私が勝手に名付けたものです。いきなりこんなのですみません。
Angel Beats! エンジェルビーツ まとめwiki - 用語集 死後の世界の学校 (しごのせかいのがっこう)

*2:MOON. - Wikipedia

*3:最近ではKanon問題で色々言われてるので詳細はそちらの方々の方でw

*4:実を言うとアニメだけ視聴しゲームはオールクリアしていませんw